【9月9日 菊の節句によせて】明日…

 【9月9日 菊の節句によせて】
明日の重陽の節句の情報を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。
皆様のお役に立てましたら幸いです。まもなく9月9日 重陽の節句を迎えます。
重陽の節句は、五節句の中で、
一番パワーが宿る日ともされており、
最大の陽となって、次の段階へと移る、
極まりの時であるともいえます。
また、この日はククリの日でもあります。
つまり、菊理媛(ククリヒメ)です。
日本書紀の中では、イザナギとイザナミを
和合させ結びつけた神として、登場します。
これをひとつの型とすると、
統合、合一、和合の象徴として、
9月9日を捉えられるとよいと思います。
同時に、そう、日本のシンボル
「菊」の復活でもあります。
重陽の節句は、実際に別名で、
菊の節句とも呼ばれているのです。
さあ、今を生きる、私たち、
今を、どう生き、何を選択し、
どの波と共振して、
調和的収束をしたいと意図しますか?
できましたら、9月9日を迎えるにあたり、
どうぞ、自分の中の、不調和な部分を見つめて、
その部分があることを、あるがままに認め、
内なる叡智(真我)にゆだねることを
されるとよいかと思います。
まるごと認めてゆだねるということ、
そうすることにより、不調和という
バーチャルリアリティー…「錯覚」が、
本来の姿、「愛(天意)」に戻ります。
もちろん、できるだけでかまいません。
なるように、あるように、流れにそうのです。
そうして迎える、9月9日の夜9時9分。
もしよろしければ、御縁で繋がる皆様と共に、
1分間ほどお祈りの時間を持つ、
というのはいかがでしょうか?
すべてが調和のもとに
統合、和合、合一され、
一なる意識の場から、
新しい創造を生み出すことを願って。
同時に日の本、和国の新生も願って。
すべては有機的つながりの中で生きています。
私たちは参加型宇宙の中に生きています。
祈りは美しい時空場の母体となります。
私の喜びは あなたの喜び
あなたの喜びは 私の喜び
あなたは もう一人の私
私は もう一人のあなた
くくり、くくられ、
新たなる一の始まりを迎えましょう。